【ニフレル~後編~】目の前で動く!バサバサ飛ぶ!ジャンプする!感性でふれる驚きいっぱいミュージアムへ

DSC_5620

のびのび動き回る動物たち!ライブ感たっぷりの演出、ニフレル ~後編~

ニフレルのコンセプトにもなっている、地球が育む“多様ないのちと個性のつながり”を展示。
前編では1、いろにふれる 2、わざにふれる、3、すがたにふれるまでご紹介しました。今回は他ゾーンを一挙に!

4、【ワンダーモーメンツ】WONDER MOMENTS

IMG_20160726_113613

子供が歓声をあげて大勢走り回っていたのがこちらのコーナー。

大きな丸い球体と、その下に自然現象や色彩をテーマにした七変化する映像が映し出されるアート作品です。波打つ水や草、木、蛍の光、花にひらひら舞う蝶・・次々に変化する色鮮やかな映像にはしゃぐ子供たち。体全体でアートを楽しんでいましたよ!

IMG_20160726_114032

大人は周りでゆったり観れるよう、ゆったりめのソファもありました。

5、【WATERSIDE】“みずべ”にふれる

階段を上がると、一気に日の当たる明るい雰囲気に。「みずべ」に住む珍しい生き物がいっぱいの「みずべ」にふれるゾーンです。

IMG_20160726_114753

こちらはまんまるな頭?体?のマルメタピオカガエル。口が大きいため、かなり大きめの餌もパクリといっちゃうそうです。

suppon-modokiWM (1)

出典:http://www.pz-garden.stardust31.com/hacyuurui/kame/suppon-modoki.html

この写真に映っているスッポン?そっくりのスッポンモドキもいました。別名ブタバナガメともよばれ、その個性的なルックスから乱獲され数が激減し絶滅危惧種に指定されているそう。確かによく見るとカメっぽいようで、前足の感じがつるっとしてて不思議ですよね。産卵のときだけ上陸するためにこんな風に手足はウミガメのようなオール状なんだそうです。

caf3980c103dcb275d2558380931a771_s

逆さ、といえば・・前編ではサカサクラゲがいましたが、ここにはこんな風にサカサナマズなんて、逆さになって泳ぐ魚もいましたよ!不思議すぎます。重力じゃなく光に反応して逆さに泳ぐため、無重力の宇宙でも逆さに泳ぐ・・というもっぱらの噂。

IMG_20160726_115016

こちらはエボシカメレオン。色がきれいですよね。手足の動きが奇妙すぎてみんな夢中になって目で追いかけていました。

IMG_20160726_115213

こちらはなんとも個性的で奇妙なアフリカツメガエル(アルビノ)。普通はもっと黒っぽい感じのアフリカツメガエルですが、こちらはアルビノなので白いみたいです。日本でよく見かけるカエルとちがってカタチがぺたんこで、動きがゆっくりめ。

 

他にもハエトリグサなんて食虫植物やオカヤドカリもいました。このコーナーを抜けるといよいよ大きな動物たちのお目見え。

目の前に迫る距離感!のびのび動き回る動物たち。

DSC_3646_398

出典:http://出典:http://nifrel.jp/archives/news/2016/03/04/840

いきなり頭の上のほうをのっそりのっそり歩くホワイトタイガーを発見!かなりの迫力で、歩いても口を開けてもどんな仕草も見逃せない勢いで皆一斉にスマホで写真を撮っているのが印象的。さすがニフレルのシンボル的存在です。

IMG_20160726_115716

ど迫力の大きさ&近さ!こちらのイリエワニ。現生の爬虫類の中では最大級のひとつでオスの平均は全長5メートルにも及ぶそうで、ガラス越しでもその大きさが伝わります。横に並ぶと丸のみされそうな口の大きさです。

IMG_20160726_115629

ミニカバのモトモトくんは、お昼寝中でした(・・・zzz)愛らしい寝顔です。

6、【BEHAVIOR】うごきにふれる

ニフレルの展示は、その動物や生き物の生態が分かりやすくなっているのが特徴です。そのニフレルの醍醐味でもある、手の届きそうな距離感で見る動物たちの生き生きした表情、普段の動きに見飽きることがありません。バサバサ飛んだりはねたり、のびのびと縦横無尽に動き回る動物たちの自由奔放さに驚くばかり!

20151120_15

出典:http://www.kaiyukan.com/blog/2015/11/post-862.html

ガラスを叩いたり、走り回ったり、やんちゃなコツメカワウソたちは海遊館からお引越ししてきた二匹だそうです。

IMG_20160726_122631

モモイロペリカンが自由すぎる!バサバサ大きな羽根を広げて飛び回っていました。

IMG_20160726_122522

普段はかなり走り回っているそうですが、ワオキツネザルさんたちもお昼寝中でした・・・zzz(笑)

IMG_20160726_123209

トイレ入り口を見張っているアナホリフクロウさんたち。ちょっとしたオブジェみたいです。

CgomX6HUkAAqVQr

出典:https://twitter.com/nifrel_official?lang=ja

癒し系のカピバラさんたちもこのエリアにいます。

IMG_20160726_122721

このゾーンの出口付近でお見送りするかのように並んでいたカンムリバトさんたち。色がとてもきれいです。珍しい鳥や動物たちが手が届く距離で見られるのも貴重な体験でした。

7、【BIODIVERSITY】つながりにふれる

detail_biodiversity_img1

出典:http://nifrel.jp/concept/zone.html

立体的な迫力ある映像で魅せてくれるつながりにふれる、コーナー。美しい映像とメッセージで直接語りかけてくれます。

お土産コーナーにはぬいぐるみ他、雑貨がいっぱい!

IMG_20160726_123510

最後に>
夏休みは混んでるんじゃ・・?という心配をよそに、お盆前の平日だったからかもしれませんが割とスムーズに入ったり見たりできましたよ。(再入場のスタンプさえ押してもらえば、ららぽーとで買い物して、また入場したり・・なんてこともできます!笑)

それぞれのコーナーが見やすく配置されている上に、トイレにはベビーベッドも備え付けられていて、小さなお子さん連れでも使いやすい施設でした。ニフレルの館内はもちろん、 EXPOCITY内にも飲食店やカフェが揃っているので何かと安心です。

IMG_20160726_133753
データ ==================

生きているミュージアム ニフレル

■料金
大人(高校生/16歳以上)1,900円/こども(小・中学生)1,000円/幼児(3歳以上)600円
■住所
大阪府吹田市千里万博公園2−1 EXPOCITY内
■営業時間
10:00~20:00(最終入館は閉館の1時間前※季節により営業時間が変更になる場合有)年中無休※年に1回設備定期点検のための臨時休業有
■公式ホームページ:http://nifrel.jp/index.html

アクセス =================

・電車の場合
大阪モノレール万博記念公園駅より徒歩2分

・車の場合
名神高速・近畿自動車道吹田ICよりすぐ
※詳しいアクセスはこちらをご確認ください
http://nifrel.jp/guide/access.html

======================

この記事に関連するおすすめ記事

●【ニフレル~前編~】光・色・カタチ。多彩な生き物と感性でふれて出合う、不思議と驚きいっぱいのミュージアムへ
http://mama-tabi.com/2016/07/29/kansai-aquarium-nifrel/

ABOUTこの記事をかいた人

ボノコ

おでかけ好き。焼いてるパンの匂いが好き。ほかほかダシの香りの卵焼きが好き。何より、写真が好き。 …って、おいっ!子どもはって!!??いえいえ、子どもは「好き」なんて次元じゃないんですって!!好きも嫌いも超越してるんです、ええ。 主におでかけ記事とグルメ担当。