タイ国政府観光庁と九州観光推進機構が相互の観光促進で調印!

調印式

2月8日、福岡市内のホテルにて、タイ国政府観光庁と九州観光推進機構が観光振興分野での業務協力に向けた調印式が行われました。
(写真:左からタイ国政府観光庁のユタサック・スパソーン総裁、ソムキット副首相、九州観光推進機構の石原 進会長)

タイ国政府観光庁、福岡事務所を今年中に再開も!

それぞれの観光地や食文化のプロモーションを実施し、両国が協力し合うことで相互の渡航者の増加を目指すとのこと。2017年に日本からタイを訪れた観光客は154万人と過去最高を記録し、うち約10%が九州からの渡航というのも驚き!

2018年度、タイ国政府観光庁のテーマは”Open to the New Shades”

新たなデスティネーションや文化、また食について少しでも多くの日本人に知ってもらえるよう、色々なプロモーションを展開していくようです。
こころをオープンにして多彩でユニークなアクティビティを満喫することで感じ取るその色合いは、「多様性」の素晴しさを教えてくれます。
新しい色合いへのいざない。。。タイは誰もがこころをオープンにできる場所なのです♪
タイ政府観光庁のホームページで”Open to the New Shades”のYouTubeを公開中!

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Takashi.K

美味しいものからイマイチなものも食べれる、素晴しい景色からリアルなシーンも観れる、人と出逢い人と繋がることができる『旅』が大好きなアウトドア派。皆さんにワクワクドキドキをお届けできれば幸いです!