旅待ち 世界の朝ごはん*

みなさまこんにちは^^ご無沙汰しています。
「おいしい旅」のプロデュースを手がける旅行会社 Table a Cloth (テーブル・ア・クロス)
代表取締役 / トラベルクリエイターの岡田奈穂子です。

親子で旅する楽しさや、おすすめの旅先、旅先での困りごととその解決策などを数回に分けて、旅ごころたっぷりにお伝えするこのシリーズ。

久しぶりの投稿の今回は、mamatabi最新号の朝食特集にちなんで
旅の1日を飾るにふさわしい、世界の素敵な朝ごはんをご紹介したいと思います!

朝ごはんの良いところは、世界各国どこを見ても「手軽に作れるレシピ」であること。
お母さんの朝は世界共通、忙しいということですね。
おうちで真似できちゃうものも多いので、ぜひ異国の風を食卓に取り入れていただけたら嬉しいです♪

それではまず最初は、今常夏の『オーストラリア』からスタート!

\ キラキラの海、行きたいー!恋しいーーーー!! /

オーストラリア・メルボルンの朝ごはん

最初の街はメルボルンから。
メルボルンは牧場やワイナリーのある山間部と、美しい海に囲まれとても食材の豊かな街。
そしてカフェ文化が根付く街としても有名で、街中には素敵なカフェがたくさんあります。



美しいアーケードのカフェの黒板には、気になるメニューがたくさん。

街を歩くと、オーガニック野菜を売るマーケットにも多く出会いました。


『地産地消』の精神が当たり前のように根付いているように感じました*

メルボルンのホテル朝食

さて、それではメルボルンきっての老舗ホテルの朝食をのぞいて見ましょう。


こちらは、”Avocado Bruschetta”。

たっぷりとお野菜が使われ、一昔前のイメージとは一変、とてもヘルシーです。
フェタチーズやグリルしたアスパラ、燻製の胡桃まで合わさり完成度がとっても高いです^^


こちらは “The Windsor’s toasted granola”。 フルーツたっぷりの自家製グラノーラ。

では、街のカフェでの朝食は?
これがとっても素敵だったので、お店も丸ごとご紹介しちゃいます^^

メルボルンのカフェ朝食

お次はメルボルンのカフェへ。
ひゃーなんとーーー!!!こんな素敵な朝食が頂けてしまうのが、
お洒落なカフェやブティックが並ぶ人気のフィッツロイエリアにあるカフェ『BENTWOOD.』さん。


朝の光がたっぷりと入る、広々とした空間。


そうそう。オーストラリアのコーヒーと言えば “Flat White(フラットホワイト)” ですよね。
ニュージーランドやオーストラリアでよく飲まれるもので、カプチーノやカフェラテと似ていますが、こちらの方が、ミルクよりもエスプレッソの味を強く感じられるのが特徴的です。


そして、何?!と気になって頼んだ “Tumeric Coconut Latte”。
ターメリックが香り、これはクセが強かったーーーーー!・・・体にとっても良さそうでした(笑)

街中が色鮮やかで、散策がとても楽しいフィッツロイエリア。


おいしい朝をごちそうさまでした。

メルボルンのギリシャ朝食


メルボルンの街を歩いている、やたらと、”Souvlaki” の文字を目にします。

実はこれ、メルボルン名物のB級グルメ!
ギリシャのラップサンドで、現地朝食の定番のようです。


様々な国の文化が混じり合うメルボルンですが、中でも、ギリシャ人の人口がギリシャ本国についで多いという、世界的に見ても珍しいぐらいギリシャ文化を感じられる都市なんです。

ギリシャ料理やさんもたくさんあるので、是非現地を訪れたらチャレンジしてみてくださいね!

それでは最後に、メルボルンより少し南に場所を移して、タスマニア島の朝をのぞいてみます。

オーストラリア・タスマニア島の朝ごはん

自然がとても豊かで、酪農や農業の盛んなタスマニア島。
タスマニアサーモンや、最近日本でも見かけるようになった、タスマニア島のマスタードなどが有名です。

マーケットをのぞいてみると、天然酵母を使った手作りのパンや、無農薬のお野菜、果物たちがずらり。

どれもおいしそうーーーー!^^
エコバッグではなく、籠で買い物に来ている方がたくさんいて、その光景もとても素敵でした。

タスマニアのホテルの朝食

小高い丘の上にある、かわいい1軒家ホテル『The Corinda Collection』に宿泊しました。


なんともかわいい朝食ルーム・・・・!これだけでとってもしあわせな気持ちになっちゃう。



朝食台の上には、焼きたてのセイボリーやフルーツが美しく並びます。


ヨーグルトや蜂蜜ももちろん、島産のもの。
豊かな恵に、お腹だけではなく心までいっぱいに。


出ました!タスマニアさーモーーーーン!!とても肉厚。


お決まりのフラットホワイトとともに、ご馳走さまでした。


素敵な景色に、地元の食材で作られた丁寧な朝ごはん。

私にとっての『ごちそう』はこの丁寧さ・豊かさだと感じているのですが、
皆さんにとっての『ごちそう』は何でしょうか?

旅行会社Table a Cloth では現在、
皆さまのお声をもとに、おいしい『究極の朝ごはん』が頂ける国内の宿泊プランを開発できたらと
アンケート調査を実施しています(〜2021年2月28日まで)。

———————————————————–
▼旅の朝食アンケートはこちらから
https://forms.gle/xgSmNiV914qGDyqJ7
———————————————————–
よろしければぜひ、回答にご協力頂けますとうれしいです。
回答いただいた中から抽選で5名様に、日本の里山からのプチお土産セットをお送りしちゃいます♩

次回はイタリアの朝食旅へ

旅に行けるまでもう少しの我慢。
その日を楽しみに・・・乞うご期待です♪

 

Written by… **

◆Table a Cloth.Co.,Ltd
代表(CEO) /Travel Designer/J.S.A.認定ワインエキスパート
岡田 奈穂子(Nahoko Okada)
*世界で一番おいしい旅を、オーダメイドでお作りします*

■Profile
1988年奈良県生まれ。株式会社 Table a Cloth 代表取締役/トラベルクリエイター。
ヨーロッパやアジア諸国からの雑貨バイヤー・輸入業の仕事を経て、現地の人や文化に実際に目で見て触れてもらいたいと旅行業へ転身。いつも私に素晴らしい出会いをくれる『旅』が本当に大好きだから、お一人お一人に合わせて、行ってよかったとずっと思える旅をお作りします。
第4回「LED関西」ファイナリスト、第17回「女性起業家大賞 奨励賞」受賞。

◆PICK UP NEWS !
家族みんなで、野菜収穫や漁業体験などの“おいしい体験”が楽しめる、新感覚の宿泊予約サイト「gochi荘(ゴチソウ)」がオープンしました。お野菜収穫や陶芸体験など、日本の里山の魅了を心いっぱい楽しめるお宿さん・プランをたくさんご用意しています。ご家族のみなさん・ご友人とぜひ訪れてみてください* Bon Voyage !
▷最新の特集ページへ 。゚゙:*゙
https://gochisouoyado.com/feature_list
▷gochi荘 WEBサイト
https://gochisouoyado.com/

■その他 関連URL
Webサイト: http://tableacloth.com/
Facebook: https://www.facebook.com/no.tableacloth
Instagram: https://www.instagram.com/tableacloth_travel/
旅Blog: http://buonovoyage.hatenablog.com/
大阪府知事登録旅行業 第3-2945号

ABOUTこの記事をかいた人

岡田 奈穂子

株式会社Table a Cloth   代表取締役 岡田奈穂子 -----** -------------------** 1988年奈良県生まれ。ヨーロッパやアジア諸国からの雑貨バイヤー・輸入業の仕事を経て、現地の人や文化に実際に目で見て触れてもらいたいと旅行業へ転身。いつも私に素晴らしい出会いをくれる『旅』が本当に大好きだから、お一人お一人に合わせて、行ってよかったとずっと思える旅をお作りします。 第4回「LED関西」ファイナリスト、第17回「女性起業家大賞 奨励賞」受賞。 ▷会社サイト http://tableacloth.com/ ▷gochi荘サイト https://gochisouoyado.com/ 「おいしい町に泊まる」をコンセプトに新しい形の食体験型宿泊予約サイト